熱中症にご注意ください

  • 熱中症の症状

1度(熱失神・熱けいれん、現場での応急処置で対応できる軽症)

めまい、失神、筋肉痛、こむら返り、大量の発汗

2度(熱疲労、病院搬送が必要な中等症)

頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐(おうと)、倦怠(けんたい)感、虚脱感

3度(熱射病、入院して集中治療が必要な重症)

意識障害、けいれん、手足の運動障害、体に触ると熱いぐらいの高体温

★次のような症状が出たら要注意:(初期症状に注意)★

*唇がしびれる
*尿の色が濃くなる
*足がぴくぴくする、足がつる、足下がふらつく、立ちくらみ、めまい感
*身体がだるくなる、脈が早くなる、血圧の低下
*動悸・頭痛・めまい・吐き気・ふらつき
*大量の発汗
*汗が出なくなる、汗が止まる
*皮膚がかさかさしてくる
*腕の付け根に脱力感
*親指の爪を押して白い色が出るが、手を指から離して3秒経っても赤い色が戻らない場合、
*皮膚をつまんで離して、すぐに元に戻らない
*筋肉の痙攣(こむら返り)、腹がひきつる
*意識が無くなる、ショック症状が起きる
*今まで元気な人は突然卒倒するような事もある

  • 応急手当

*熱失神、熱疲労、熱痙攣では、身体を冷却することと、塩分(塩、塩飴、梅干し、昆布等)を含んだ水分を飲ませる等の処置を行う。
点滴が必要になることもあるから、勝手な判断はせず、念のため医療機関を受診するのが望ましいです。
*めまい感やクラクラと立ちくらみするような時は、熱中症の始まりと考えて、すぐに水分・塩分を補給。
吐き気や倦怠感がするときは、涼しい場所に横向きで寝かせて、(吐いていなければ足を高くすると良い)うちわ等で風を当てる。
→悪化するようなら救急車を呼ぶ。

  • 意識障害が起きて熱射病と思われる時の処置は緊急を要する
    救急車を呼ぶ一方、素早く体温を下げるために、

*涼しいところに運び、足を高くして寝かせる
*水分を飲ませる(コップ一杯の水に塩一つまみ、砂糖五つまみを加えると吸収されやすい)
*体温を下げるための処置を講じる

  • 意識がなく、心停止状態にある場合

①救急車を呼ぶ
②心臓マッサージを行う
③救急車到着前にもAED(自動対外式除細動器)を探して、使用する。

  • 予防策

熱中症は、暑い環境に長時間さらされることにより発症します。
特に、梅雨明けで急に暑くなる日は、体が暑さに慣れていないため要注意です。
また、夏の猛暑日も注意が必要です。湿度が高いと体からの汗の蒸発が妨げられ、体温が上昇しやすくなってしまいます。
猛暑の時は、エアコンの効いた室内など、早めに涼しいところに避難しましょう。

のどが渇く前に水分を補給しましょう。
汗には塩分が含まれています。大量の汗をかいたら、水分とともに塩分も取りましょう。
ビールなどアルコールを含む飲料は、 かえって体内の水分を出してしまうため水分の補給にはならず、逆に危険です。
また、高齢者は暑さやのどの渇きを感じにくい傾向がありますので、こまめに水分を補給しましょう。
寝る前も忘れずに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です