地域連携室・医療連携室

間柴医院 地域連携室・医療連携室 


間柴医院では、「地域に根付いた病院」を目指し、患者さまへのサービス向上は基より地域の病院・クリニック・診療所と介護・福祉分野との連携の強化を図るため、地域連携室・医療連携室を設立し運営しております。


●地域連携室・医療連携室のご紹介

地域連携室・病診連携室は、地域の医療機関、保険・福祉の各機関との連携を深め、患者さまとその家族を地域全体で継続的かつ効果的にサポートできるよう橋渡しを行う部署です。













相談の流れについて
(地域連携室)

  1. 相談

    ケアマネージャーがご自宅を訪問して、ご本人・ご家族が何を望んでいられるのか、どのような生活をしたいのかなど、お話しを伺います。

  2. ケアプラン作成

    要介護認定やご希望に基づいて、どんなサービスをどのくらい利用したらいいか、ケアプランを作成します。

  3. スケジュール提案

    具体的なスケジュールをご提案します。

  4. 連絡・調整

    サービス事業所との連絡・調整を行います。

  5. サービス開始

    サービスが始まったら、ケアプランどおりに行われているか、そのサービスが適切かなど相談しながら調整して行きます。

  6. モニタリング

    状態の変化に応じて、柔軟にケアプランを見直し、対応いたします。






    相談の流れについて
    (医療連携室)

    1. 相談

      社会福祉士が入院が必要になった際は病状に合わせた入院先を探すお手伝いや、詳細な病状を主治医とともに作成し、情報提供をさせていただきます。
      また退院される前に、退院後の病状を含めてご帰宅可能か、もしくは病状が安定するまで介護施設等でリハビリを行うかなど、ご本人・ご家族が何を望んでいられるのか、どのような生活をしたいのかなど、お話しを伺いし、最適な情報をお届けします。

    2. スケジュール提案

      具体的なスケジュールをご提案します。(入院が必要な際は即日です)

    3. 連絡・調整

      病院やサービス事業所との連絡・調整を行います。

    4. サービス開始

      サービスが始まったら、ケアプランどおりに行われているか、そのサービスが適切かなど相談しながら調整して行きます。

    5. モニタリング

      状態の変化に応じて、柔軟にご本人・ご家族のお望みに対応いたします。