間柴医院

間柴医院は飯能市で内科、小児科、婦人科、消化器科、呼吸器科、循環器科、皮膚科、泌尿器科、乳腺科、脳神経科を診療しているクリニックです。  




〒357-0024 埼玉県飯能市緑町3番地4
TEL.042-983-1660 FAX.042-983-1670

検査案内
このエントリーをはてなブックマークに追加

検査の流れについて

  1. 問診

    現病歴、既往歴、家族歴をお伺いします。

  2. カウンセリング

    問診結果より、患者様が当院を受診された動機についてカウン
    セリングさせていただき、解決方法を考察させていただきます。

  3. 検査計画の立案、予約

    カウンセリングさせていただいた結果、最適な検査方法、患者様に対して検査を受けるメリット、デメリットを説明させていただき、ご納得いただいて検査を受けていただきます。

  4. 結果

    病気、疾患には大きく分けて「良性」「悪性」がございます。また死因となりうる「脳卒中」や「心疾患」が発症する可能性を判定し、適切な治療方法を提案させていただき、適切な病院をご紹介させていただきます。

よくあるお問い合わせ(FAQ)

新しい機械を導入しました

当院では2017年8月から新たに最新鋭の内視鏡、エコーの機械を導入致しました。これで当院の「目的」である「どんな病気でも診つけます」にまた一歩近付く事が出来たと考えております。今回導入したのは富士フィルム社製の新世代内視鏡システム「LASEREO(レザリオ)」。内視鏡を洗浄する消毒機でオゾン水を使った消毒で世界で初めて医療機器の認可を取得したIHIシバウラ社製の「OED-1000S」。GE社製の婦人科用エコーの「Voluson P6」。日立製作所製の汎用性エコーの「ARIETTA60」を導入しております。今や現代の医療では画像診断は無くてはならないものになっています。これからも常に新しいものを取り入れ、間柴グループは地域の皆様の健康を守るべく歩んでいきます。

 

腹部超音波検査(腹部エコー)でどんなことがわかるの?

腹部エコーポスター

腹部エコー検査は、定期検査だけでなく、腹痛・背部痛・腰痛の原因が内臓からきていないか?などを調べるためにも行います。虫垂炎や尿路結石、急性胆のう炎、卵巣嚢腫・・など、痛みの原因となる疾患がないかどうかを調べるためにも検査を行っています。

内視鏡のご案内です

A07900  nr021017luceraj

上部内視鏡は低侵襲の経鼻が可能な極細内視鏡を使用しております。もちろん経口からも極細内視鏡を使用しますので、侵襲は少なく検査をお受けすることができます。

02

 

下部内視鏡では侵襲を回避するため硬度可変スコープと炭酸ガス送気装置を使用しています。

main ucr_naika_cata080821_op